介護予防サービス

高齢になっても出来る限り自分らしく生き生きと暮らしていくために生活機能の低下を予防することを目的とした介護予防事業を実施し、要介護・要支援状態になることを予防します。

対象:要介護認定を受けておられない、または要介護認定を受けて非該当(自立)となった方で、要介護・要支援となるおそれのある高齢者(特定高齢者)

事業に参加するには:基本健康診査または主治医による健康診断により生活機能に関するチェックを受け、生活機能の低下が見られる方(特定高齢者)に対して、地域包括支援センターで意向をお聞きしながら介護予防ケアプランを作成し、介護予防事業への参加となります。

予防介護事業には:運動器の機能向上・栄養改善などがあります。フェニックスでは理学療法士や管理栄養士により、それぞれのご利用者様の状態に応じてご支援いたします。